花粉症

鼻水・くしゃみ・目のかゆみ…

そんな不調にうんざりする季節

花粉シーズンがやってくる1~3か月前に

やっておくとよい漢方薬の対策があります!



カギは免疫力アップ✨なんです。

体質改善とも同じ意味なんですが

それぞれの体質タイプによってちがいます。



漢方薬をつかうと

・西洋薬とちがって眠くならないから 車の運転が平気

・胃の調子が悪くならないどころか かえって調子が良くなる

・長く飲み続けることができる

根本的に体を整えることになります。



鼻水など

体の中の余分な水があふれるイメージです。

そのあふれる原因を3つに分けて 前回お話しました。

消化器・肺・腎の働きが弱くなることからでしたね



花粉症は花粉という外からの原因物質も加わるので

花粉から からだを守る働きが落ちていると考えます。

その兵隊さん的なものが肺が管理している【衛気】(えいき)

花粉症のほかに ウィルス・細菌などからも守ってくれます ^ ^



【気】の仲間の一つ 【衛気】を強くしてくれる生薬【黄耆】(おうぎ)が入っている

漢方薬をおすすめしています。



花粉からからだを守る働きをアップして

体の余分な水がたまらないように

体質を改善して迎え撃つ!

ご相談をお待ちしています ^ ^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。