春におすすめの食材

春は【肝】との関係が深いお話を前回しました。

中医学では季節に関係が深い味や色があります。

春には【酸】酸っぱい物

   【青】(緑色)葉物野菜



酸っぱい物は

精神・情緒を安定させる

コントロールする

ストレスを発散させてくれる

【肝】の働きを助けてくれます。

酸っぱい物

レモン・みかん・グレープフルーツなどの柑橘類

梅、サンザシ、黒酢



ただ酸っぱい物は食べすぎると胃腸を弱くするので

食欲不振・下痢・軟便になったらストップ

今度は胃腸を助ける【甘】味

イモ類、豆、米を適度に取って調整



春は山菜のおいしい季節ですね!

山菜は苦い味ですけど…

【苦】味は熱を取ってくれるので

夏に取ることが多いのですが

例えばゴーヤのように




エネルギーが体の中から 上へ外へとのびやかに動き出す春

過剰になるとイライラしたり熱に変わることがあります。

そこで苦味が熱を抑えてくれます。





そして山菜には冬の間に体の中にたまった老廃物を

かたずけてくれる働きもあります。

ウド・ワラビ・フキ・つくし

のびやかに育つ【青】物 葉物野菜でエネルギーの流れもよくなります。


美味しくいただきましょう ^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。