冬の風邪 どのタイプ?

赤い風邪

青い風邪

黄色い風邪

中医学的には3つのタイプがあって

それぞれお手当てがちがいます。

数時間から1日と展開が早いので

今!!

どのような症状なのか?と 忙しいですね ^ ^

それぞれのタイプのお薬をおうちに用意して

さっ!と

薬を変えることが出来たら理想。

【初期段階の青い風邪】

寒気・関節痛・筋肉痛・咳・鼻水・頭痛

数時間から1日で次の段階へ

【赤い風邪】

最盛期です。 すぐにこの段階からはじまることも…

高熱・のどの痛み・痰・鼻づまり

37.5℃以上が4日以上続くと

病院の発熱外来へ行くことをおすすめします。

【黄色い風邪】

急性胃腸炎と病院で言われる症状です。

嘔吐・下痢・発熱のことも



【 それぞれの風邪の回復してから】

なかなかすっきりしない

軟便・食欲不振・昼間の大汗・夜間の寝汗・ほてり・脱力感

こんなときも漢方薬がおすすめです。

ご相談ください ^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お休みのお知らせ