あなたの下痢は どのタイプ?

普段からおなかの弱い80代の母に 

食べ過ぎを止めることと 

消化を助けてくれる漢方を 外食の時に渡すこともあります 。

脂っこい食事の前に 漢方薬を飲んでおくのも ^ ^


タイプによってお渡しする漢方薬がちがいます。

前触れもなく突然おなかが痛くなって起こる下痢

くり返し起こる軟便や下痢

胃腸が何らかの原因で調子が悪くなっていますね。



急性下痢には 【胃腸の冷え】【食中毒・胃腸炎】 【暴飲暴食】【体の中の余分な水分や老廃物】

が原因になることがあります。

慢性下痢には【もともと胃腸が弱い】【ストレスが過剰にかかった】

などが原因。



症状を抑えるだけではなく 

下痢を起こしやすい体質を知って対処した方が 予防が出来ていいですね ^ ^



【胃腸の冷え】

冷たい物を食べたり、飲んだり、 寒い所にずっといたりすると下痢。

おなかを温めると楽になることも

腹痛と下痢(あまり臭くない)・お腹が鳴る・食欲不振・むかむか・張り感・頭痛・発熱の症状もあります。



【食中毒・胃腸炎】

急性胃腸炎・細菌やウィルス感染で下痢。

腹痛と下痢(においが強い)・残便感・吐き気・口のかわき・発熱の症状もあります。



【暴飲暴食】

脂っこい食事やお酒の取りすぎで胃腸がオーバーワーク。

食べた後すぐに下痢・胃痛・腹痛・吐き気・ゲップ・張り感の症状も



【体の中の余分な水分や老廃物】

湿気の多い気候(梅雨・台風) 水分を取り過ぎて それを吸収できていない時などに起こりやすい。

腹痛・お腹や手足の冷え・むくみ・顔色が白い(または黄色い)



【もともと胃腸が弱い】

疲れやすくて体のエネルギーが不足がち 病気の後や加齢による慢性的な下痢

食欲不振・お腹の張り・無気力・痩せ・疲労感の症状もあります。



【ストレスが過剰にかかった】

過剰ストレスがかかって 胃腸の働きが落ちた時に下痢しやすい

胸苦しい・胸や脇の張りや痛み・ゲップ・食欲不振の症状もあることが



気を付けなければいけない生活習慣や食事がタイプによってちがいますが

かたよらない食事

体を動かして胃腸の働きを促す

好きなことをしてストレスを発散

などは基本です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

年末年始のお休み